無料レポート「配布用DVDの作り方17のコツ」|ダビングセンター・全国対応可

リンクイット・ダビングセンター

サイト内検索
電話:0120-920027

営業時間 月〜土 10:00〜18:00

丸の内線新宿御苑前駅 徒歩1分 >地図

営業時間 月〜金 10:00〜18:00

御堂筋線淀屋橋駅 徒歩1分 >地図

ご利用可能クレジット

著作物の取り扱い 映画やテレビ番組のダビングなど著作権法に違反する作業、公序良俗に反する物のご依頼はお断りさせて頂いております。
詳細は著作物のご依頼についてをご覧下さい。

DVD等の
ロゴマークについて
弊社のDVD/CDプレスを除くサービスで、DVD/CD/Blu-rayの正式なロゴマークを使用することはできません。
詳細はDVD等のロゴマーク使用についてをご覧下さい。


クレームゼロの配布用DVDの作り方17のコツ

はじめに

このレポートは、これから何らかのDVDを作って配布する必要性のある方々が、不具合の少ないDVDを作るコツを掴んでもらうためのものです。  弊社はDVDのダビングやコピーを行うサービスを提供しております。配布用のDVDをコピーするご依頼も数多くあります。弊社でマスターDVDを作成する場合もあるのですが、お客様が作成なされたDVDをお預かりし、それをコピーするといった案件も多数ございます。しかし、お預かりしたDVDの中には、そのまま配布すると不具合が起こりそうな物が少なからず存在します。その場合は弊社からお客様にアドバイスさせて頂くのですが、DVDを作成するのが初めての方だと、かなり苦労なさっています。

 そこで、これまでに弊社で遭遇したDVDの不具合についてまとめ、DVDを作る際に気をつけるべき点をまとめ、事前にお伝えすれば、お客様の苦労も減るのではないか、というのが当レポートを書くきっかけとなりました。

 DVDを配布してみたら、「再生できない」や「上手く見られない」などのクレームが出てしまうと、せっかくの苦労が水の泡です。そうならないためにも、本レポートをお読み頂き、お役立て頂ければ幸いです。
株式会社リンクイット
代表取締役 中谷 彰

第1章 データの作り方
1−1.データの重要性と種類

不具合の少ないDVDを作成する上でまず重要なのが、DVDに焼きこむデータがちゃんと出来ているかどうかです。元のデータに不具合があると、完成したマスターDVDをコピーする時に、そのデータの不具合までコピーされてしまい、結局は出来上がった全てのDVDに不具合が出てしまうからです。

 DVDのデータには大きく2種類あります。DVDビデオとデータDVDです。DVDビデオは、映像専用のDVDで、DVDプレーヤーで再生しテレビで見るための形式です。PCでDVDビデオを再生する際には、基本的にはDVDプレーヤーソフトで再生することになります。

 データDVDは、PCに保存されているファイルをDVDに書き込んだものです。PC上にはExcelやWord、PDFなど様々な種類のファイルがあると思いますが、「ファイル」として見えているものはDVDに書き込むことができます。

 映像コンテンツをDVDにして配布する場合、DVDビデオにするかデータDVDするかで迷う場面があります。DVDビデオはDVDプレーヤーでは再生できますが、PCで再生できない可能性があります。DVDプレーヤーソフトがインストールされていないPCだと再生するができないからです。しかし、DVDプレーヤーソフトが入っていれば、WindowsでもMacでも再生できます。一方、データDVDとして映像ファイルを書き込んだ場合、DVDプレーヤーでは再生できませんが、PCでは再生できます。しかし、Windowsでは再生できるが、Macではできないなど、映像ファイルの形式によっては制約が出てきます。

 このように映像をDVDで配布する際は、その目的や配布先の状況に応じてDVDビデオにするかデータDVDかを選ぶ必要が出てきます。

 DVDビデオとデータDVDでは作り方が全く異なりますので、注意すべき点も異なってきます。

それでは、各々のデータの作り方に関する注意点を見て行きましょう。

1−2.DVDビデオを作る際の注意点

DVDビデオは、DVDプレーヤーで再生することができる映像DVDです。販売されている映画のDVDなどはDVDビデオ形式になっており、ほとんどのDVDプレーヤーで再生可能な形式です。  

 DVDビデオは、"DVD-Video規格"に準拠した作り方をしないと上手く再生することができません。たまに「DVDビデオの中のファイルをそのまま他のDVDにコピーすれば見られるのでしょ?」といった質問がありますが、単純にコピーするだけではDVDビデオとしては機能しません。

 DVDビデオを作成する方法としましては、PCで作成する方法とDVDレコーダーで作成する方法の2つがあります。

 例えばビデオカメラで撮影したSDカードの映像をDVDにする場合を考えますと、SDカードのデータをPCにコピーして、専用ソフトでDVDに書き出すという方法が考えられます。もう一つの方法は、SDカードをDVDレコーダーに挿して、データをDVDレコーダーの中に吸い上げてからDVDに書き出す方法があります。しかし、DVDレコーダーがそのような方法に対応している必要があります。  

 写真データからスライドショーを作成したり、映像にタイトルや文字を追加する場合は、PCでの編集作業が必要になります。

 以下ではPCで作成する場合を中心に説明しております。DVDレコーダーで作成する場合は、機器の制約の中でやるしかないので、データを作るという観点ではそれほどご説明する点がありませんが、データの書き込む際には注意点があるので、第2章をご覧ください。  

 それではDVDビデオを作る際の注意点を説明していきましょう。

つづきをダウンロード!
弊社サービスをまだご利用でないお客様も含め、お申込み頂いた方全員にレポートをプレゼントいたします。 一切無料です!下記にご入力頂いたメールアドレス宛てに、ダウンロードURLをお送り致します。

ダビングセンターの特徴

安心保証
安心保証
  • 弊社サービスをご利用後に 品質・納期・応対に不備が あった場合は全額ご返金致し ます。
安心保証のページへ
安心の業務体制
安心保証
  • 作業前の確実な確認フロー
  • 作業前のマスターチェック
  • 使用部材の検品
  • 作業者は手袋を着用
  • 納品物の検品
  • 厳重で丁寧な梱包
  • 安心のセキュリティ体制
安心保証のページへ
安心サポート
安心保証
  • WEBからのご質問には1時間以内のご返答に努めています。
  • お客様側でのマスター準備をサポートします。
  • 営業時間外の緊急時の連絡体制をとっております。
安心保証のページへ
安心のお支払
安心保証
  • お支払方法は、現金、カード、代引きをご利用いただけます
  • ご法人様の場合は、初回からご請求書での後払いが可能です。
安心保証のページへ
格安業者との違い

ダビングセンターについて

東京ダビングセンター
東京ダビングセンターの外観
所在地:
〒160-0022
 
東京都新宿区新宿2-1-9
 
ステラ新宿4F
営業時間:
月〜土 10:00〜18:00
 
毎月最終土曜日はお休み
電話番号:
0120-970027
FAX番号:
03-3356-0758
大阪ダビングセンター
東京ダビングセンターの外観
所在地:
〒541-0041
 
大阪府大阪市中央区北浜
 
3-5-20
 
松栄ビル7F
営業時間:
月〜金 10:00〜18:00
 
土日はお休み
電話番号:
0800-600-3396
FAX番号:
06-6228-1601
共通お問合せ先
ご注文方法
  • WEBからご注文
  • 店頭でご注文
お支払い方法
  • 店頭:現金、カード
  • 郵送:振込、カード、代引き
  • 法人様の場合:請求書発行後払い
詳しくはご利用方法をご確認ください。
ご利用方法へ
ダビングセンター店舗情報へ
店頭でのご相談、ご注文も承ります。
ご来店をお待ちしております。
ダビングセンタースタッフたち