ストリーミングでの動画配信サービスのご説明になります。

ストリーミング配信について初めての方でも分かりやすいようご説明します

リンクイット・ダビングセンター

サイト内検索
電話:0120-920027

営業時間 月〜土 10:00〜18:00

丸の内線新宿御苑前駅 徒歩1分 >地図

営業時間 月〜金 10:00〜18:00

御堂筋線淀屋橋駅 徒歩1分 >地図

ご利用可能クレジット

著作物の取り扱い 映画やテレビ番組のダビングなど著作権法に違反する作業、公序良俗に反する物のご依頼はお断りさせて頂いております。
詳細は著作物のご依頼についてをご覧下さい。

DVD等の
ロゴマークについて
弊社のDVD/CDプレスを除くサービスで、DVD/CD/Blu-rayの正式なロゴマークを使用することはできません。
詳細はDVD等のロゴマーク使用についてをご覧下さい。


HDVからDVDにダビング

ビデオテープは劣化する前にDVDにダビング!DVDならVHSと違い、カビや湿気のトラブルもありません。DVDプレーヤーを持っている方は、是非ビデオをDVDにダビングしましょう。特に昔のVHSの映像が沢山ある方は、DVDにダビングすると、整理もし易くなります。

知りたい項目をクリック!

ストリーミングって何?

ストリーミング技術とは
ストリーミングとはインターネットを通して、動画や音楽のデータをダウンロードすることなく再生させる技術のことです。 最近では、ニュースサイトなどを見ていると、突然ニュース映像が動き出すことがありますが、あれがストリーミング配信です。 映像を見る側は特にファイルをダウンロードしなくてもホームページ上で動画を見ることができるのです。
ダウンロード配信
ダウンロード配信の仕組み
ストリーミング配信
ストリーミング配信の仕組み

どのような配信フォーマットがあるのか?

WMV (Windows Media Video)
Microsftが開発した配信フォーマットで、「Gyao」や「Yahoo動画」などで採用されているフォーマットです。 DRM(デジタル著作権保護)技術を使い、複製を禁止したり、視聴制限をかけることができます。
★メリット
Windowsに標準でインストールされているのでInternetExplorerで見る限りは、別途プラグインをインストールする必要がありません。 ・現状、DRMはFLVよりもWMVの方が普及しているので、セキュリティを考えた場合WMVの方が優れています。
FLV (Flash Video)
アドビ社が開発した配信フォーマットで、「YouTube」や「ニコニコ動画」などで採用されているフォーマットです。 幅広いOSやブラウザに対応しており、現在ストリーミング配信では最も多く採用されている形式です。
★メリット
プラグインをインストールする必要がありますが、WindowsだけでなくMacでも、また多くのブラウザで閲覧することが可能です ・低ビットレートではWMVよりもFLVの方が比較的高画質で配信可能です。

ストリーミング配信を行うためには何が必要か?

@エンコード
まず初めに、配信する映像ファイルを準備する必要があります。例えばビデオカメラで撮影したテープやSDカードが手元にあったとします。それらをストリーミングするフォーマット(WMVやFLV)に変換(エンコード)しなければなりません。また、その際には、適切な画質やサイズで変換(エンコード)することも重要です。エンコードにはパソコンの性能にもよりますが、映像の長さ(時間)の2倍から3倍程度かかります。
FLVやWMVをエンコード
Aサーバーに設置
次に、インターネットに接続されたサーバーが必要になります。そのサーバー上に映像ファイルを置きます。 ストリーミング配信で映像データを安定して送信するためには、インターネット回線が太いものである必要があります。貧弱なインターネット回線ですと、多少アクセスが多くなると、映像が途中で止まるなど、障害が出る可能性が出てきます。ストリーミング配信では、ストリーミング専用のサーバーを使用することにより、動画の快適な視聴が可能になります。
ストリーミングサーバーにアップロード
Bホームページへ埋め込み
ストリーミングサーバーに設置した動画をホームページで公開します。ホームページにストリーミング動画の場所(アドレス)を示す「タグ」を埋め込むと、ホームページにアクセスした視聴者がその動画を見ることが出来ます。
HPにタグを埋め込む
C再生
ホームページへアクセスした視聴者が動画を再生します。視聴者側のパソコンの環境によっては正常に再生できない場合があります。原因としては視聴者側のインターネット回線の速度や、プレイヤーのバージョンが最新でないなどが挙げられます。
配信される動画を見る

どのぐらいの画質で配信できるのか?

ビットレートによる画質の違い
ストリーミング配信における画質はビットレートによって変化します。ビットレートとは、単位時間あたりどれだけのデータ量を転送するかの単位になります。ビットレートが高いほど大量のデータを転送しますが、それだけ画質は良くなります。
(ビットレートの目安)
256kbps モバイル環境や低スペックPCでも閲覧する可能性がある場合
512kbps ブロードバンド環境で幅広い環境での閲覧を行う場合
1Mbps 大きい画面の映像を、光回線環境で比較的新しいPCでの閲覧を想定する場合
WMV,FLVサンプル
エンコード方法による画質の違い
画質はビットレートの他にも、元のデータの作り方によっても変わってきます。例えば元が同じビデオテープであっても、そのデータの変換の仕方によって画質が変わってきます。 また、配信フォーマットによっても若干変化します。一般的には低ビットレートにおいて、WMVよりFLVの方が良い画質で配信できるようです。

ストリーミング配信の映像を見るためには何が必要か?

ストリーミング配信の主流はブラウザで視聴
WMVでもFLVでも、ストリーミング配信はブラウザで見ることがほとんどです。ブラウザに各々のフォーマットに合ったプラグインという付加機能を追加することで見られるようになります。
Windows Media Player
WMV形式のストリーミングを見るためには、Windows Media Playerが必要になります。
Microsoftのダウンロードページへ
Adobe Flash Player
FLV形式のストリーミングを見るためには、Adobe Flash Playerが必要になります。
Adobeのダウンロードページへ

ストリーミング配信メニュー

ダビングセンターの特徴

安心保証
安心保証
  • 弊社サービスをご利用後に 品質・納期・応対に不備が あった場合は全額ご返金致し ます。
安心保証のページへ
安心の業務体制
安心保証
  • 作業前の確実な確認フロー
  • 作業前のマスターチェック
  • 使用部材の検品
  • 作業者は手袋を着用
  • 納品物の検品
  • 厳重で丁寧な梱包
  • 安心のセキュリティ体制
安心保証のページへ
安心サポート
安心保証
  • WEBからのご質問には1時間以内のご返答に努めています。
  • お客様側でのマスター準備をサポートします。
  • 営業時間外の緊急時の連絡体制をとっております。
安心保証のページへ
安心のお支払
安心保証
  • お支払方法は、現金、カード、代引きをご利用いただけます
  • ご法人様の場合は、初回からご請求書での後払いが可能です。
安心保証のページへ
格安業者との違い

ダビングセンターについて

東京ダビングセンター
東京ダビングセンターの外観
所在地:
〒160-0022
 
東京都新宿区新宿2-1-9
 
ステラ新宿4F
営業時間:
月〜土 10:00〜18:00
 
毎月最終土曜日はお休み
電話番号:
0120-970027
FAX番号:
03-3356-0758
大阪ダビングセンター
東京ダビングセンターの外観
所在地:
〒541-0041
 
大阪府大阪市中央区北浜
 
3-5-20
 
松栄ビル7F
営業時間:
月〜金 10:00〜18:00
 
土日はお休み
電話番号:
0800-600-3396
FAX番号:
06-6228-1601
共通お問合せ先
ご注文方法
  • WEBからご注文
  • 店頭でご注文
お支払い方法
  • 店頭:現金、カード
  • 郵送:振込、カード、代引き
  • 法人様の場合:請求書発行後払い
詳しくはご利用方法をご確認ください。
ご利用方法へ
ダビングセンター店舗情報へ
店頭でのご相談、ご注文も承ります。
ご来店をお待ちしております。
ダビングセンタースタッフたち