映像情報マガジンdMag

映像制作に役立つ豆知識、ノウハウ、ニュースなどの情報をお届けします

*

手軽にできるビデオ会議はどれがいい?

      2016/07/12

images

皆さん、仕事でビデオ会議を使ってますか?ビデオ会議と言うと仰々しいですが、「ビデオチャット」を使えば、離れている人と以外とスムーズに顔を見ながらビデオ会議ができるのです。しかも無料で!

当社は東京と大阪に事務所があるのですが、週1回は東京大阪間でビデオチャットで会議を行っています。また、東京と大阪にビデオチャット専用のPCを設置し、日中は常時ビデオチャットを立ち上げて、お互いの様子や声が聞けるようになっています。もうこの状態で運用を始めてから4年ほど経過しています。

ビデオチャットと言えば昔からskypeで、最初はskypeで試したのですが、接続時間に制限があり、途中で切れてしまうことが分かりました。また、skypeは3者通話が有料だという問題もありました。
4年前、当社は事務所が3箇所に分かれており、3者通話をする必要があったのですが、skypeでは有料会員になると3者通話が可能になるのです。
このように時間の制限と3者通話の問題でskypeを使うことは諦めました。(ちなみにskypeは1対1の場合はビデオチャットは無料です)

色々試した結果、音声はskypeで、映像はiVisitというソフトを使うことになりました。
iVisitはテレビ会議ソフトで、有料だったのですがskypeよりは割安でした。

日中に事務所間を繋ぐビデオチャットはskype+iVisitという組み合わせ、個別の打ち合わせはskypeで運用してきました。しかし、どうも2014年後半あたりからiVisitの開発が終了してしまったようなので、最近はgoogle+のハングアウトを使い始めました。
Google+のハングアウトは、当初は不安定で使い物にならなかったのですが、最近では改良されて非常に安定してきています。

もう1つ変ったところでは、当社では「QQ」というソフトを使っています。
当社は中国の会社にシステム開発を依頼しているのですが、その打ち合わせには「QQ」を使うことが多いです。
QQは、中国製のチャットシステムで、中国では非常に人気があり普及しているソフトです。「QQ International」という国際版のソフトも公開しており、日本語表示も可能です。これが以外に良いソフトで、文字ベースでのチャット機能が充実しており、さらに音声やビデオでのチャットも可能なのです。たまに調子が悪いことがありますが、中国と日本間でも比較的スムーズに通話することが可能なのです。もちろん、QQは無料です。

結局のところ、国内でビデオ会議をするならば、現状では「google+ハングアウト」が使いやすいのではないかと思われます。1対1限定ならば、skypeでしょう。
このように、色々なビデオチャットのソフトがあり、パソコンにカメラやマイクが付いていれば、手軽にビデオ会議を無料で行うことができる時代になりました。

動画編集センター

動画編集センター

ダビングセンター

ダビングセンター

 - 案件事例

  関連記事

no image
SDカードがハードディスクになる!?

1.SDカードがハードディスクに!?  ハードディスクといえばみなさんが想像する …

no image
コピーガード付DVDの作成

東京ダビングセンター店長の内山です。 先日、あるケーブルテレビ局2社から同じ時期 …

no image
無理そうな納期でも頑張ります!

常連のお客様から嬉しいお言葉を頂きました! 「いつも無理な納期を言って済みません …

no image
プロの仕事

東京ダビングセンター店長の内山です。 先日、映像系の制作プロダクションから映像デ …

no image
ダンスの練習風景

東京ダビングセンター店長の内山です。 お客様からのご依頼で多いのが、 ダンスの練 …

no image
VHSとベータマックスのビデオ戦争

1.ソニーとビクターの激しい争い  いまや一家に一台が当たり前となったVHSビデ …

no image
【お客様の声から】お打ち合わせで来てもらうことはできますか?

ダビングセンターでよく受けるお問い合わせの話題です。

今回は大阪支店の店長、青野がよく受ける「お客様からの相談」です。

no image
お子様の成長記録ビデオ

先日、店頭にご来店された年配のお客様を接客する機会がありました。 ご来店の目的は …

no image
結婚式用DVDの作成

こんにちは。東京ダビングセンター店長の内山です。 先週、親戚の結婚式・披露宴に参 …

no image
【お客様の声から】プレスとコピーの違いって?

ダビングセンターでよく受けるお問い合わせの話題です。今回も東京支店の店長、内山がよく受ける「お客様からの相談」です。