ご入稿前のワンポイントアドバイス~スクイーズについて~

大阪 通話無料 通話無料
0800-600-3396
営業時間 月~金 10:00-18:00 ※
御堂筋線淀屋橋駅 徒歩1分 >地図
 最終受付17:30
東京 通話無料 通話無料
0120-970027
営業時間 月~土 10:00-18:00
丸の内線新宿御苑前駅 徒歩1分 >地図
毎月最終土曜日休み 最終受付17:30
閉じる
    営業時間
  • 店頭予約制について
    お客様をお待たせすることなく店頭でご対応できるよう、店頭にお越しいただく際はご予約をお願いしております。
    ご希望の日付と時間帯をスタッフまでお伝えください。
    予めご注文予約フォームからご注文いただく場合は備考欄にご希望の日時をご記入ください。
    店頭予約制 ご来店の際は日時のご予約をお願いしております。
      【東京】
    • 月曜~土曜:10時~18時 (最終受付17:30)
    • 日曜、祝祭日、毎月最終土曜日:お休み
      【大阪】
    • 月曜~金曜:10時~18時 (最終受付17:30)
    • 土曜、日曜・祝祭日:お休み

    背景が =お休み
    背景が =東京のみ

    ※東京の土曜日はスタッフが少ないため、即日納品に制限がありますので、ご注意ください。
    11月の営業日
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    (東京)土曜も営業
    12月の営業日
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    閉じる
キャッシュレスでお支払のお客様に5%還元
ご利用可能クレジット

著作物の取り扱い

映画やテレビ番組のダビングなど著作権法に違反する作業、公序良俗に反する物のご依頼はお断りさせて頂いております。詳細は著作物のご依頼についてをご覧下さい。

DVD等の
ロゴマークについて

弊社のDVD/CDプレスを除くサービスで、DVD/CD/Blu-rayの正式なロゴマークを使用することはできません。 詳細はDVD等のロゴマーク使用についてをご覧下さい。

スクイーズについて

映像を書き出して見てみると、何となく縦に伸びているような・・・。
映像の縦横の比率を正しく書き出さないと、歪んだ映像になってしまいます。
ここでは、アスペクト比(画面比率)とスクイーズについて解説いたします。

正しいアスペクト比(画面比率)で書き出しを!スクイーズとは?

皆さんが編集~作成されたDVDをご自宅でご覧になられる場合、現在はこのような『ワイド画面TV』(図1参照)でご覧になられると思います。

ワイド液晶テレビ画面 (図1:ワイド画面TV)

これは16:9(ワイドスクリーン)と呼ばれるアスペクト比(画面比率)で、現在の地上デジタル放送や映画のレンタルDVD、デジタルカメラやスマートフォンで撮影された動画も、基本的には全てこの形になっています。

ワイド画面16:9の説明 (図2:アスペクト比16:9の画面)

当然、お客様が動画やDVDを作成される際は『撮影~編集~書き出し』まで、全てこの16:9(ワイドスクリーン)画角に合わせて作業して頂く必要がございます。

ところが、動画編集ソフト上では4:3(スタンダード)というアスペクト比(画面比率)も設定(選択)出来るようになっています。

これは、昔のブラウン管TVのアスペクト比(画面比率)で、当時のアナログ放送やVHSビデオ、8mmビデオ等全てが4:3(スタンダード)でした。

4:3の画面 (図3:昔のブラウン管TVのアスペクト比4:3の画面)

このように、一般的には 16:9 と 4:3 というアスペクト比(画面比率)が存在する訳ですが、弊社へ入稿されてくる動画やDVDでよくあるトラブルが

【本当は16:9の映像なのに、4:3の状態でDVDに焼き込まれてしまっている】

というトラブルです。

≪そこで今回の1ポイントアドバイス♪≫

先ず、DVDをご入稿頂く前に、完成したDVDをご自宅のTVやパソコンでチェックしてみて下さい。

『映像が変に縦伸びしていたり、左右から中心に向かって押し潰されているように見えたり、形やバランスがおかしくなっていないか?』等、映っている人や丸いもの(なるべく正円)を目印に見てみると分かりやすいと思います。

正しい映像 (図4:【正しい映像】しっかりと16:9で書き出されている状態)

こちらは、正しく16:9で書き出されている状態ですので、時計もしっかりと正円で映っています。画面にもピッタリ収まっていますね。

これを間違えて4:3で書き出してしまうと…?

間違った映像 (図5:【間違った映像】本当は16:9なのに無理やり4:3の画角に縮められている)

このように、左右から中心に向かって押し潰されてしまい、特に正円の時計は縦伸びして卵のような楕円になってしまっています。

このような状態を【スクイーズ】と呼びます。

ここではスクイーズについての詳細は書きませんが、もしお客様が作成されたDVDがこのようなスクイーズ状態になっていたとしたら、それは間違えて書き出されてしまっているという事になります。

ある程度動画編集に慣れている方であれば、もう一度編集ソフトの設定を見直してみて下さい。初期設定や書き出し時のアスペクト比設定が『4:3、ノーマル』等になっている可能性があります。

その場合は設定を『16:9、ワイドスクリーン』等に変更してみて下さい、正常な映像に戻る可能性が高いです。

初心者の方で『全く解らない』という方でもご安心下さい、弊社ではご入稿頂いたDVDをしっかりと事前確認させて頂き、もし映像におかしな点があれば直ぐにご連絡させて頂きます。

弊社で正しい16:9の映像に戻す事も可能ですので、お気軽にご相談下さいませ。

ダビングセンターの特徴

安心保証

安心保証
  • 弊社サービスをご利用後に 品質・納期・応対に不備が あった場合は全額ご返金致し ます。
安心保証

安心の業務体制

安心の業務体制
  • 作業前の確実な確認フロー
  • 作業前のマスターチェック
  • 使用部材の検品
  • 作業者は手袋を着用
  • 納品物の検品
  • 厳重で丁寧な梱包
  • 安心のセキュリティ体制
安心体制

安心サポート

安心サポート
  • WEBからのご質問には1時間以内のご返答に努めています。
  • お客様側でのマスター準備をサポートします。
  • 営業時間外の緊急時の連絡体制をとっております。
  • お店でのご相談も承ります
安心サポート

安心のお支払

安心のお支払
  • お支払方法は、現金、カード、代引きをご利用いただけます
  • ご法人様の場合は、初回からご請求書での後払いが可能です。
お支払方法
  CD・DVDコピーサービスはどこも同じ? 格安業者との違い。

ダビングセンターについて

東京ダビングセンター

東京ダビングセンターの外観
所在地: 〒160-0022
東京都新宿区新宿2-1-9 AIRA新宿御苑ビル4F(旧ステラ新宿)
営業時間: 月~土 10:00~18:00
毎月最終土曜日はお休み
電話番号: 0120-970027
FAX番号: 03-3356-0758

大阪ダビングセンター

大阪ダビングセンターの外観
所在地: 〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜松栄ビル7F
営業時間: 月~金10:00~18:00
土日はお休み
電話番号: 0800-600-3396
FAX番号: 06-6228-1601

共通お問合せ先

ご注文方法

  • WEBからご注文
  • 店頭でご注文

お支払い方法

  • 店頭:現金、カード
  • 郵送:振込、カード、代引き
  • 法人様の場合:請求書発行後払い
ご利用方法
    店頭・お店でのご相談、ご注文も承ります。
    ご来店をお待ちしております。
    池袋から約15分、日本橋からだと約20分です。
店舗詳細情報
ダビングセンタースタッフたち
閉じる