映像情報マガジンdMag

映像制作に役立つ豆知識、ノウハウ、ニュースなどの情報をお届けします

*

【お客様の声から】ブルーレイからDVDへダビングできますか?

      2021/09/24

ダビングセンターでよく受けるお問い合わせの話題です。

■ブルーレイからDVDへのダビング

ブルーレイからDVD、というと「え?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。わざわざ画質を落とすダビングに意味があるのかどうか?という点です。

ブルーレイはDVDの後発となり、容量比較で言うと

・DVD-R(一層):4.7GB

・BD-R(一層):25GB

と、約5倍の容量を持っています。

現在、家庭用のビデオカメラでも、録画はハイビジョンが主流です。ハイビジョン画質を劣化なしに録画できるディスクを選ぶ場合、ブルーレイという選択肢になります。ブルーレイはデジタル放送の録画も可能で、非常に高い画質の映像を保存できます。

しかし、ブルーレイの普及は思ったより進んでいないようです。 レンタルビデオ店舗でもDVDの品揃えの方が多く、ユーザー心理としても、特別ハイビジョンで見たいもの以外はDVDでいいや、という意見が多いのではないでしょうか。

この、ブルーレイとDVDの微妙な関係が、弊害になりうるのが結婚式映像です。実際に結婚式の撮影や編集を業者に依頼した場合、ほとんどがハイビジョンでの撮影を行います。

ここで問題になるのが、ハイビジョン撮影された映像は、完成物がブルーレイになることです。受け取る側がDVDデッキは持っていても、ブルーレイデッキを持っていないので再生ができない、という場合が起こりえるのです。また、ご両親やご友人に配布しようと思っても、配布先がブルーレイデッキを持っていない、ということも多いようです。

特に、ご両親への配布となると、DVDデッキはあっても、ブルーレイデッキがないから再生できない、ということが多いようですね。

ダビングセンターにご依頼頂く「ブルーレイからDVDダビング」は、ほとんどが結婚式映像です。なぜダビングするかといえば、再生機器を持っていないから、という理由がほとんどです。

4K時代を控え、映像規格がどんどん高画質化に進んでいる中、実際にユーザーたちが再生できない(普及しない)メディアが増えていってしまっても、本末転倒になりかねないですね。

周囲に結婚式を最近挙げた方がいらっしゃったら、

「式の映像って自宅で見れる?」なんて聞くと

「いや、実はブルーレイデッキ持ってなくってさ・・・」

なんていう話が出てくるかもしれません。

ブルーレイデッキがなくて再生ができない、配布ができない、という方がいらっしゃいましたら、是非ダビングセンターのブルーレイからDVDダビングサービスを思い出して頂けますと幸いです。

ご質問やご不明点御座いましたら、経験豊富なスタッフがご相談に乗らせて頂きます。「こうしたいんだけどどうしたらいいの?」というお話がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!

ではまた!

 - お客様の声から, 映像関連記事

  関連記事

おすすめの動画編集ソフト3選

スポーツイベントや演奏会など、ビデオカメラで撮影した映像を自分で編集してたいと思 …

フリーBGMで映像をグレードアップ!

映像におけるBGMの役割は非常に大きいもので、同じ映像でもBGMによって全く異な …

no image
お子様の成長記録ビデオ

先日、店頭にご来店された年配のお客様を接客する機会がありました。 ご来店の目的は …

no image
【お客様の声から】お打ち合わせで来てもらうことはできますか?

ダビングセンターでよく受けるお問い合わせの話題です。

今回は大阪支店の店長、青野がよく受ける「お客様からの相談」です。

【おすすめ映像】違った視点で楽しめる! NHK東京2020オリンピック

コロナ禍で行われた東京2020オリンピック、皆さんもテレビでご覧になったかと思い …

no image
DVDの寿命ってどのくらい?

DVDにも寿命があるって知ってましたか? それが以外に短いんです。なんと、0年な …

no image
【オススメ】ドローンで広がる新たな映像世界

そもそも「ドローン」ってなに?というお話なんですが、要は「ヘリコプターのラジコン」です。クアッドコプター、マルチコプターなどの別名があり、複数のローターで安定飛行ができるのが特徴です。

動画配信サービス 第2幕スタート

以前、当社ニュースレターで動画配信サービスを特集してから約3年半が経ち、日本の動 …

【おすすめ映像】後味の悪さが絶品です「ブラックミラー」

今回ご紹介するのは、NETFLIXのオリジナルドラマ「ブラックミラー」です。 「 …

no image
【オススメ】ウェアラブルカメラが面白くなってきた?

Googleからは「Google Glass」、最近はアップルからも「Apple Watch」が発表され、
「ウェアラブル」というジャンルに大きな関心が集まっています。