映像情報マガジンdMag

映像制作に役立つ豆知識、ノウハウ、ニュースなどの情報をお届けします

*

【お客様の声から】ブルーレイからDVDへダビングできますか?

      2021/09/24

ダビングセンターでよく受けるお問い合わせの話題です。

■ブルーレイからDVDへのダビング

ブルーレイからDVD、というと「え?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。わざわざ画質を落とすダビングに意味があるのかどうか?という点です。

ブルーレイはDVDの後発となり、容量比較で言うと

・DVD-R(一層):4.7GB

・BD-R(一層):25GB

と、約5倍の容量を持っています。

現在、家庭用のビデオカメラでも、録画はハイビジョンが主流です。ハイビジョン画質を劣化なしに録画できるディスクを選ぶ場合、ブルーレイという選択肢になります。ブルーレイはデジタル放送の録画も可能で、非常に高い画質の映像を保存できます。

しかし、ブルーレイの普及は思ったより進んでいないようです。 レンタルビデオ店舗でもDVDの品揃えの方が多く、ユーザー心理としても、特別ハイビジョンで見たいもの以外はDVDでいいや、という意見が多いのではないでしょうか。

この、ブルーレイとDVDの微妙な関係が、弊害になりうるのが結婚式映像です。実際に結婚式の撮影や編集を業者に依頼した場合、ほとんどがハイビジョンでの撮影を行います。

ここで問題になるのが、ハイビジョン撮影された映像は、完成物がブルーレイになることです。受け取る側がDVDデッキは持っていても、ブルーレイデッキを持っていないので再生ができない、という場合が起こりえるのです。また、ご両親やご友人に配布しようと思っても、配布先がブルーレイデッキを持っていない、ということも多いようです。

特に、ご両親への配布となると、DVDデッキはあっても、ブルーレイデッキがないから再生できない、ということが多いようですね。

ダビングセンターにご依頼頂く「ブルーレイからDVDダビング」は、ほとんどが結婚式映像です。なぜダビングするかといえば、再生機器を持っていないから、という理由がほとんどです。

4K時代を控え、映像規格がどんどん高画質化に進んでいる中、実際にユーザーたちが再生できない(普及しない)メディアが増えていってしまっても、本末転倒になりかねないですね。

周囲に結婚式を最近挙げた方がいらっしゃったら、

「式の映像って自宅で見れる?」なんて聞くと

「いや、実はブルーレイデッキ持ってなくってさ・・・」

なんていう話が出てくるかもしれません。

ブルーレイデッキがなくて再生ができない、配布ができない、という方がいらっしゃいましたら、是非ダビングセンターのブルーレイからDVDダビングサービスを思い出して頂けますと幸いです。

ご質問やご不明点御座いましたら、経験豊富なスタッフがご相談に乗らせて頂きます。「こうしたいんだけどどうしたらいいの?」というお話がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!

ではまた!

 - お客様の声から, 映像関連記事

  関連記事

セミナーを自分でより良く撮影する方法

自分で行っているセミナーや講習会を、自分たちで撮影する機会はございませんか?今回 …

英語字幕の編集

いつもご利用頂いている、医療系学会のお客様から、映像への英語字幕の編集のご依頼を …

no image
SDカードがハードディスクになる!?

1.SDカードがハードディスクに!?  ハードディスクといえばみなさんが想像する …

VR最新情報

着実に進化を遂げているVRの世界について、今回は最新情報と体験記、お勧めのコンテ …

【おすすめ映像】麻薬王の迫力の実話 「ナルコス」

今回ご紹介するのは、米国の大人気テレビドラマ「ナルコス」です。コロンビアにおける …

no image
ダンスの練習風景

東京ダビングセンター店長の内山です。 お客様からのご依頼で多いのが、 ダンスの練 …

no image
【無料進呈】DVD作成時に絶対抑えるべきコツ、知りたいですか?

DVD作成時に絶対抑えるべきコツをまとめた小冊子を無料でプレゼントいたします!皆様のDVD作成のお役に立てれば幸いです。是非この機会にお申込みください。

no image
卒業記念用のCD作成

東京ダビングセンター店長の内山です。 毎年この時期になると卒園・卒業関連の案件が …

no image
古い映像のDVD化

東京ダビングセンター店長の内山です。 最近、学校や美術館などから昔撮影をした映像 …

【おすすめ映像】・・・だけど、圧巻のケビン・スペイシー・・・ 「ハウス・オブ・カード」

今回ご紹介するのは、NETFLIXのオリジナルドラマである「ハウス・オブ・カード …