映像情報マガジンdMag

映像制作に役立つ豆知識、ノウハウ、ニュースなどの情報をお届けします

*

企業イベントのライブ配信をお手伝いしました

      2021/07/20

先日、某企業様のイベントのライブ配信をお手伝いいたしました。Zoomでのライブ配信が基本でしたが、会場のスクリーンへのスライド投影や会場と遠隔地でのパネルディスカッションなどもあり、少し複雑な配信となりました。

概要

・企業様イベントのzoomでのライブ配信のカメラ撮影とスイッチング

・会場は都内カンファレンスルーム

・イベント自体は約4時間

・インターネット回線は会場の単独回線(NURO)使用

会場での登壇者は3名、zoom経由の登壇者1名

会場2名、zoom側3名によるパネルディスカッション

・会場には数十名の関係者スタッフが来場

・会場スクリーンとモニターに、講演者の講義スライドや進行スライドを表示

・音響は会場設備を使用

・弊社からはカメラマン2名とスイッチャー1名の参加

カメラ、ケーブル、配信用のPCや講演者用のPCを弊社で準備

・zoom操作はお客様にて行っていただく

ご納品までの流れ

・事前お打ち合わせ兼会場下見 本番約2ヶ月前に、会場現地にてお打ち合わせを行いました。当日の流れの確認と、弊社は必要な機材やケーブル等の見積もりを行いました。
・リハーサル 本番約1週間前に会場にてリハーサルを行いました。本番と同様の機材とスタッフでお伺いし、当日の流れを再度確認いたしました。
・当日準備 本番数時間前に会場入りし、機器の設営を行い、軽い当日リハを行いました。
・本番
・撤収 本番完了後、約1時間で撤収完了しました。
・納品 当日の2台のカメラの撮影データとzoomの録画データをご納品しました。

難しかった点

zoomと会場スクリーンで別々の映像やスライドを表示する必要があり、少し煩雑なスイッチング操作が必要でした。しかし、事前に詳細な台本をご用意いただけたので、ほぼ問題なく進行することができました。

また、音響に関して、当日にハウリングを起しそうなことが判明し、急遽会場のスピーカー音を絞ることで、zoom配信側には影響なく進行することができました。原因は、zoomの遠隔地からの音声を会場で流す際に、事前リハーサルと一部機器構成を変更したことで、会場音声とzoom音声にギャップができてしまったことが原因でした。

感想

弊社もライブ配信のお手伝いを数多くさせていただいておりますが、「音」が以外に厄介という印象があります。今後は事前のテストを十分に行い、構成をフィックスさせた上で本番に臨むなど、より一層注意して行きたいと思います。

新型コロナウィルスの影響で、イベントを主催する企業様もご苦労なさっているようです。今回のイベントも当初は会場にもっと多くのお客様の来場を計画されていたのですが、緊急自体宣言発出から急遽無観客での実施となりました。弊社も少しでもそうしたお客様のお役に立てるよう、精進して参りたいと思います。

リンクイットでは、手軽にインターネットライブ配信を実現できるサービス「DC Stream」を提供しております。
DC Streamは、セミナーや社内発表会など、インターネットライブ配信を手軽に実現できるサービスです。必要なものは弊社がご用意いたしますので、初めてライブ配信を行う方でも、手軽にご利用いただけます。

DC Stream

動画編集センター

動画編集センター

ダビングセンター

ダビングセンター

 - ケーススタディ, 映像関連記事, 案件事例

  関連記事

英語字幕の編集

いつもご利用頂いている、医療系学会のお客様から、映像への英語字幕の編集のご依頼を …

【おすすめ映像】本家も真っ青 『24 JAPAN』

アメリカの大ヒットTVドラマシリーズ「24」をリメイクした「24 JAPAN」。 …

no image
手軽にできるビデオ会議はどれがいい?

皆さん、仕事でビデオ会議を使ってますか?ビデオ会議と言うと仰々しいですが、「ビデ …

動画配信サービス 第2幕スタート

以前、当社ニュースレターで動画配信サービスを特集してから約3年半が経ち、日本の動 …

no image
【お客様の声から】プレスとコピーの違いって?

ダビングセンターでよく受けるお問い合わせの話題です。今回も東京支店の店長、内山がよく受ける「お客様からの相談」です。

【おすすめ映像】・・・だけど、圧巻のケビン・スペイシー・・・ 「ハウス・オブ・カード」

今回ご紹介するのは、NETFLIXのオリジナルドラマである「ハウス・オブ・カード …

no image
【オススメ】自撮り棒が流行っているようです

TVでも紹介されたりしているこの奇妙な棒。「自撮り棒」が最近流行っているようです。

どういうものか、というと、棒の先にスマートフォンを固定し、手元で撮影ボタンが押せるというものです。スマートフォンで自分撮りをする際や、集合写真を撮る際に便利ということで、若年層中心にブレイクしているようです。

ハイレゾって何?

最近、音楽関係で「ハイレゾ」という言葉をよく聞きますが、皆さんハイレゾって知って …

no image
「CDをクローズする」って何?

弊社でCD-Rのコピー作業をお引き受けする際、CD-Rが「クローズされていますか …

no image
卒業記念用のCD作成

東京ダビングセンター店長の内山です。 毎年この時期になると卒園・卒業関連の案件が …